どうしてもプラチナがいい!金属アレルギーでもプラチナの結婚指輪をつけるポイント

汗をかくときは指輪を外す

金属アレルギーの方でも使える素材として、チタンやジルコニウムが挙げられていますよね。しかしせっかくの結婚指輪ですから、プラチナのリングにしたいという方も少なくないでしょう。そこでプラチナでも金属アレルギーで困らないコツをいくつか紹介していきます。1つ目は、夏などで汗をかくときには指輪をつけないことです。金属アレルギーは、汗などの体液で金属が溶けだして肌につくことで起こるからです。どうしても汗をかく環境で結婚指輪をつけたい場合には、こまめに指輪を外して汗を拭くようにするといいでしょう。

コーティング剤で指輪と皮膚の間に膜をつくる

金属アレルギーの方のなかには、汗をかかなくてもアレルギー反応が起こってしまうという方もいますよね。指に金属が触れるだけでかぶれてしまうのでは、こまめに汗を拭いても効果的とは言えません。そこで2つ目のポイントは、コーティング剤を使う方法です。金属の装飾品にコーティング剤を塗ることで、金属が直接肌に触れるのを防ぐことができます。使用するコーティング剤は、ピアスやネックレス用のもので大丈夫です。ドラッグストアやネットショップで手軽に買うことができるので、すぐに試しやすいですよ。

プラチナの割金にこだわる

一般的にプラチナリングの結婚指輪がアレルギーを起こしやすいといわれているのは、割金にアレルギーを起こしやすい金属を使用しているからです。むしろ本来プラチナは酸化しにくいため、アレルギーを起こしにくいという面もあります。そこで3つ目のポイントとなるのが、割金にこだわることです。大抵のプラチナリングは、ニッケルやパラジウムといったアレルギーを起こしやすい金属が割金となっています。なるべくその2つを避けるようにするといいのですが、そうすると耐久性に影響がでるため現実的には難しいようです。

結婚は愛する二人にとって最高の喜びです。そしてその証となるのが結婚指輪です。指輪は二人の絆を固く結んでくれます。