婚約指輪と結婚指輪の違いって一体何なの?

婚約指輪ってどの場面で渡すの?

婚約指輪は妻にしたいと思う女性に対して結婚の約束の証として贈られる物ですよね。婚約指輪は結婚指輪とは異なり女性のみが身に付ける物です。また、金額も結婚指輪とは異なり高額になります。婚約指輪は一般的に、男性から女性へ結婚を申し込む際にプレゼントする事が多いです。例えば、レストランでの食事中に渡す男性ももいれば、デートの締めに指輪を渡す男性もいます。渡し方に決まりがある訳ではありませんが、女性に対して失礼の無いように渡す事が大切ですよ。

結婚指輪はどの場面で渡すのが適切?

結婚指輪は夫婦になった印として女性だけ無く、男性も身に付けます。よって、渡すタイミングとして適切なのは挙式後、もしくは入籍した後でしょう。結婚指輪も婚約指輪と同様に渡し方が決まっている訳ではありませんが、結婚式には指輪の交換を行うので、挙式には欠かせないアイテムです。つまり、結婚指輪を用意するタイミングは、結婚式前になります。式を挙げずに籍を入れるという場合は入籍前には結婚指輪の準備が必要となりますよ。

婚約指輪と結婚指輪は必ず渡すべき?

婚約指輪に関しては時代の変化に伴って以前ほど形式に拘らないカップルが増えています。そのため、相手の女性が必要ないと言う場合は渡す必要はありませんよ。婚約指輪の負担が減る分、新生活の準備に備えたり、結婚指輪のグレードを上げる夫婦が多くなっています。ですが、婚約指輪とは違い、結婚指輪は挙式の際には必ず使うアイテムなので、女性が不要だと言った場合であっても贈る必要があるでしょう。したがって、相手の女性の希望を吟味した上で、必要となる指輪が変わるでしょう。

かつては給料の3ヶ月分と言われていた婚約指輪ですが、現在の相場は約30万円程度です。しかも最近では費用を抑えたいという考えから手作りするカップルも増えているようです。